愛のからくり文字「あみだにょらい」
戌年、亥年の方の守り本尊です。
 
●阿弥陀如来の御利益、功徳人間が亡くなった後、極楽浄土へと連れて行ってくれる仏極楽往生、現世安穏
 
2020年夏、書道界の魔術師と称される「坂口赤道」は、まるで導かれるように、その工房にたどり着き、孤高の真鍮作家「横山護」氏と出逢いました。横山氏は、真鍮作品を、全て一から、緻密な手作業により完成させます。繊細な筆文字を、糸鋸(いとのこ)による手作業で、リズミカルに切り抜き、書作品に、新たな息吹を与えて行く、その職人としての真摯な姿に、坂口赤道は感銘を受け、この度の、「みほとけの愛」の立体化というコラボレーション作品が生まれる事となりました。
 
みほとけの愛は光を放ち、いつもあなたの心を映す。
みほとけの愛は、いつもあなたの傍にある。 
※2020年 世界遺産 真言宗御室派総本山 仁和寺 にて開催致しました、
坂口赤道個展『みほとけの愛に触れる書作展』において発表した作品です。

戌(いぬ)年、亥(いのしし)年 守り本尊 阿弥陀如来 ~愛のからくり文字「みほとけの愛」~

¥68,000価格
消費税込み
  • 愛のからくり文字シリーズ『みほとけの愛』は、ひとつひとつ、真鍮作家の手作業による切り文字を、額に納めてお届けしております。
    通常は1カ月程度の納期を頂いておりますが、多数注文が入った場合、ご予約の先着順、完成順でのお届けとなりますことを、
    あらかじめご了承下さい。
    素材の真鍮は、空気に触れ、年月と共に古色蒼然、風合いを変化させていきますこと、ご了承願います。